Ⓒ手塚雅昭
Ⓒ手塚雅昭

田中 豪(東北フリーブレイズ/キャプテン)

 

今回の震災によって被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。東北地方にはたくさんのアイスホッケーファンの方がいて、いつも暖かく応援して頂いています。今もまだ大変な思いをされている方が多くいらっしゃると思いますが、私達選手はアイスホッケーを通して元気や勇気を与えられるように今後も活動していきたいと思っております。

 

残念ながら今回のチャリティーゲームには参加することができませんが、少しでもお役に立てればと思い、西武プリンセスラビッツ時代の思い出の練習着をチャリティーオークションのグッズとしてご提供させていただきたいと思います。

Ⓒ手塚雅昭
Ⓒ手塚雅昭

菊池秀治(東北フリーブレイズ)

 

今回被災された皆様に深くお見舞い申し上げます。

私たちもプレーオフファイナルの前日練習の直前で被災しました。リンクの壁は崩れ、天井が落ちてきそうなほど揺れ恐怖しか感じませんでした。プレーオフは中止になってしまい、今は自分たちにできる事しかできませんが、またシーズンになり、アイスホッケーを通じて皆様を笑顔にしたい。その思いでいっぱいです。

 

リーグもチームも関係無い。日本のアイスホッケーが1つになり盛り上げていきましょう。今は自分が出来ることに全力を注ぎ、早く皆様に笑顔が戻るよう活動していきますみんなで1歩。みんなで笑顔。

Ⓒ手塚雅昭
Ⓒ手塚雅昭

齊藤哲也(王子イーグルス/キャプテン)

 

皆さん、こんにちは。

まずは、この度の震災にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。そして、一日も早い復興を願っております。

 

このたびのTake The First Stepのチャリティーイベントにご興味を持っていただき頂き誠にありがとうございます。本来であれば、私たちイーグルスの選手もイベント会場にて皆さんと一緒に活動したかったのですが、チームのスケジュールの都合上、どうしても参加することが出来ず申し訳ございません。それでも、イベントの成功をイーグルス全員で北海道から応援しております。


私たちからの支援の気持ちとして、少しではございますが、私たちが大切にしているグッズをオークション品として届けさせて頂きました。少しでもお役に立てればと思っております。
どうぞ宜しくお願いいたします。頑張れ東北! 頑張れ日本!

Ⓒ手塚雅昭
Ⓒ手塚雅昭

瀬高哲雄(日光アイスバックス)

 

東日本大震災にて被災された皆様方へ心よりお見舞い申し上げます。残念ながら、手術をしたばかりですので、イベントに参加することができませんが、今後の復興支援活動の力に少しでもなれるよう、我々アイスホッケー選手も継続した活動をしていきたいと思っています。共に手を取り合い頑張って行きましょう!!

Ⓒ手塚雅昭
Ⓒ手塚雅昭

白鳥 洋(東北フリーブレイズ)

 

この度の東日本大震災で被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。私自身、本拠地であり地元でもある八戸市が津波の被害を受けました。実際に被災地へ行き想像を絶する光景を目の当たりにし、言葉も出ないくらいの衝撃を受けました。東北地方では更にひどい被害を受け、もっともっと辛い思いをしている方々が大勢います。被災された方々の少しでも力となり支えになりたいと心から強く思いました。

 

私は、残念ながらスケジュールの都合でゲームには参加できませんが、チャリティオークションへのグッズ提供という形で参加させていただきたいと思います。皆さんと共にこのイベントを成功させたいと思っています。宜しくお願いします。

Ⓒ手塚雅昭
Ⓒ手塚雅昭

上野拓紀(High1)

 

この度、チャリティーイベントに急遽参加することが参加することが出来なくなってしまいました。2年連続で参加していて、今回もみなさんと交流できるのを楽しみにしていたのですが残念です。

 

今回のチャリティーイベントは東日本大震災の復興、復旧を願ってのものです。僕たちアイスホッケー選手ができることは限られてるものかもしれませんが、全力プレー、感動してもらえるプレーを毎試合、毎シフトすることだと思っています。来シーズンもアイスホッケーファン、日本すべての方のために一生懸命がんばりますので応援よろしくお願いいたします。
 
今回もオークションがあると聞き、僕からはチームの練習ジャージを送りたいと思います。High1で1シーズン着た思い出のジャージです。そしてスティックも同時にご提供させていただきます。どなたか落札していただると嬉しいです。

Ⓒ手塚雅昭
Ⓒ手塚雅昭

河本彰仁(元王子製紙イーグルス)

 

東日本大震災、被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。私は急遽都合が悪くなり、残念ながらチャリティーイベントには参加できませんが、お集まりくださった皆さんが楽しい時間をすごせることを願っています。アイスホッケーを通じてたくさんの仲間とたくさんの笑顔で日本を元気にしましょう。
 

桐渕絵理(Carleton University Ravens・カナダ)

 

皆さんこんにちは。昨年に続き今回もイベント参加のオファーを頂いた桐渕絵理です。せっかくお誘いいただいたのですが、今年もイベント期間中は残念ながら海外にいるので参加することが出来ず本当に残念です。

 

昨年、このチャリティーイベントについて色々と知り、自分が大好きなホッケーを楽しく出来ている事がとても恵まれていることに気づきました。私は、ホッケー選手です。自分がプレーすることで人々に笑顔や勇気をあたえたり、誰かの助けになるのなら、私はホッケーで応えたいと思います。残念ながらイベントには参加できませんが、遠い海外からでも何らかの形でサポートしていきたいです。

 

被災地で辛い思いをされているたくさんの方々の支援のため、一人でも多くの方が今回のイベントをサポートしてくださるようお願いいたします。今私たちに出来る事、皆さんでひとつひとつやっていきましょう。よろしく御願いします。

 

Take The

First Step

アクセスカウンター吉本書籍美里のお薦め
大塚製薬株式会社
大塚製薬株式会社
株式会社 明治・VAAM
株式会社 明治・VAAM
ホッケーショップ  ベスト
ホッケーショップ  ベスト